ホーム > 例会・委員会毎活動-事業グループ-地域活性化委員会 役員・事業計画

事業グループ

市街地活性化委員会 役員・事業計画

活動報告

委員長 中尾 成昭
副委員長 片平 裕康 新福 大一郎      
運営委員 川崎 恭資 佐藤 文郎 福永 浩司 湯浦 一徳 和田 秀一郎

国内では、長引くデフレに加えて超少子高齢化という未曽有の環境激変を迎えようとしている。
 そうした中、県都鹿児島市においてはその歴史的背景とともに深い独自性と拠点性・様々のジャンルにおける集積を持つ「天文館」を有する中心市街地を核として来るべき日本国内での地域間競争を生き抜いていく使命がある。
 現在、天文館エリアには大きな再開発計画があるものの、20年ほど前に見せたその多様性と広がりには陰りが見え、このエリアの1階部分にも空き家が目立つようになってきている。その一方で、縮小経済の中に生まれ育つ若者たちによる新しい価値観も拡大し国内の「リノベーション」や「ロングライフデザイン」などに対する若い世代の新しい機軸価値観も育ちつつある。
 これらの現況を総合的に考慮し、鹿児島県民、市民はもとより県・海外からの来訪者にとってもこのエリアにおける、まちの利便性そしてさまざまな視点からの魅力(物、情報、人材、事)を再度見直し、現況を把握しなおしこれを高めていくべきだと考える。
 具体的には、本年度も中心市街地を「天文館・いづろ地区から上町・ウォーターフロントゾーンそして鹿児島中央駅周辺」と捉え、地域魅力向上委員会、教育・人材育成委員会などとの連携をしつつ、これまでの拠点化戦略、連携戦略、イメージ戦略に加え地元の次世代を担うクリエイティブマインドあふれる若者たちとの共働を通じての世代連携も構築していきたいと考える。



活動報告

ページの上へ移動

鹿児島経済同友会
tel:099-222-4492
fax:099-225-0402
info@kagoshima-keizaidouyukai.jp
| プライバシー・ポリシー |